日常の糖尿病予防とトマトの関係

2017-02-05

リコピンは血糖値を下げる作用がある。

トマトにはリコピンが豊富に含まれる。トマトからリコピンをよく摂取する方法はトマトジュースにして飲むといい。ジューサーでトマトの細胞が壊されるとリコピンがよく出てくる。トマトの皮にリコピンが多く含まれる。市販のトマトジュースで飲んでも効果がある。オリーブオイルを加えて飲むとリコピンが油に溶けてよく吸収される。

さらに、オリーブオイルを加えたトマトジュースをレンジで温めてホットで飲むとさらに効果が上がる。リコピンがよく吸収される時間帯があり、朝、食事の30分前に毎日、飲むと糖尿病の予防になる。
リコピンはインスリンを効きやすくする。つまり、インスリン抵抗性に効果がある。

Copyright©すみれ糖尿病クリニック | 足立区谷中(北綾瀬)の内科・糖尿病・禁煙外来 All Rights Reserved.