11月, 2016年

痛風の正しい知識

2016-11-19

痛風発作は尿酸が高まると起こってきます。尿酸を上昇させる最も多い原因はアルコールです。

ビールのみならずすべてのアルコールを飲みすぎると尿酸が高くなります。これは個人差があります。他にあじのひものや肉食が多い人も高くなります。ただふつうの食事程度では高くなりません。筋肉運動をしすぎても尿酸は高くなります。それは筋肉運動をすると乳酸がたまり、乳酸は尿酸の排泄を抑制するからです。

尿酸を高いままにしておくと痛風腎といって腎不全を起こし透析に至ります。尿酸を下げる薬を内服中に通風発作を起こしたら尿酸を下げる薬はやめてはいけません。尿酸を下げる薬と一緒にに痛み止めを内服します。尿酸を下げる薬をのんでいないで発作を起こした場合は発作をおさめてから尿酸を下げる薬を内服します。

痛風患者は発作がおさまると多くは通院をやめてしまいますが規則的に通院して尿酸値をコントロールすることが大切です。

年末年始の休診日(2016-17)

2016-11-10

12月29日~1月4日まで

年末年始の休診とさせていただきます。

よろしくお願いいたします。m(__)m

Copyright©すみれ糖尿病クリニック | 足立区谷中(北綾瀬)の内科・糖尿病・禁煙外来 All Rights Reserved.