トレシーバという新しい持効型インスリンがでました。

2014-05-30

トレシーバという新しい持効型インスリンがでました。従来のランタスは皮下にとどまるためバラツキが出て、体調や温度により効果にバラツキがでます。皮下のpH7.4で等電点沈殿をおこし、徐々に溶解・吸収されるためです。効果持続は24時間のため24時間経つと、血中濃度が下がってしまい、血糖が上昇する可能性があります。

レベミルは作用時間が24時間もたず、1日に2回打たなければならないケースもあります。持効型といっても山、谷があり、血中濃度が時間が経つにつれ低下していきます。トレシーバはこの2つを改善したもので、効果の持続が42時間のため24時間経っても、血中濃度は一定に保たれ、保たれている間にトレシーバを追加するので、血糖の上昇を抑えられます。リキスミアとの併用は認められていますが、ビクトーザとの併用はまだで現在申請中で、、H26年内には承認予定です。トレシーバフレックスタッチペンですと、薬液とペンが一体となっているため高齢者でも使いやすいです。トレシーバペンフィルは薬液をペンにセットしなければなりません。(^◇^)

他のインスリンとの併用も認められていますが、トレシーバは空腹時血糖を下げる薬剤であるため、速効型もしくは超速効型インスリンとの併用が望まれます。(^_-)-☆

Copyright©すみれ糖尿病クリニック | 足立区谷中(北綾瀬)の内科・糖尿病・禁煙外来 All Rights Reserved.