GLP-1作動薬 | 足立区綾瀬の糖尿病内科

2013-05-17

GLP-1作動薬にはビクトーザ、リキスミア以外にバイエッタがあります。GLP-1作動薬はGLP-1受容体に結合して作動します。
GLP-1作動薬はインスリン分泌がなければ効きませんので、1型糖尿病には使えません。GLP-1作動薬はGLP-1受容体に結合するためβ細胞は刺激しませんのでβ細胞を休ませることができます。バイエッタは満腹感の亢進、食欲減退作用があり、胃内容物の排出を抑制します。
GLP-1作動薬はβ細胞を増殖させ、β細胞が死滅するアポトーシスを抑制します。
ただ、バイエッタは朝食前と夕食前と2回注射が必要ですし、朝5μgうつなら夕も5μg、朝10μgうつなら夕も10μgうたなければならず、SU剤と併用しなければならないので低血糖をおこしやすいです。又、バイエッタは悪心、嘔吐などの消化器症状が副作用としてあるので、使いにくいです。

当クリニックでは、インスリン、ビクトーザ、リキスミア療法にも対応しています。

Copyright©すみれ糖尿病クリニック | 足立区谷中(北綾瀬)の内科・糖尿病・禁煙外来 All Rights Reserved.